ホワイトニング歯磨き粉って効果あるの?

白い歯に憧れてホワイトニングをしてみたいと思ってはみたものの、思った以上に費用が高くてあきらめた人も少なくないでしょう。そんなときに安くて手軽にできるのは、ホワイトニング用の歯みがき粉を使ってみてはいかがでしょう?

でも、種類が多くてどれを使えばいいのか分からない、人気の歯みがき粉に期待できる効果を押さえておきましょう。

市販の歯磨き粉とホワイトニング歯磨き粉の違い

一般の歯みがき粉と、ホワイトニング歯みがきにはどんな違いがあるのでしょうか。

普通の歯みがき粉は主に研磨剤と発泡剤を使って、歯の表面についた汚れを落としていくものです。研磨剤が入っているほうが磨き効果が高いように思いますが、そのぶんエナメル質に対する刺激も強くなります。磨きすぎると、傷がついてしまうこともあるでしょう。

逆に汚れがつきやすくなったり、エナメル質が薄くなって知覚過敏のようになってしまうので、十分注意してください。

ホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤で落とす仕組みではない

一方、ホワイトニング用の歯みがきには研磨剤は含まれていません。有用成分で変色汚れを分解し、溶かして落としやすくするようになっています。

その有用成分とは、ポリリン酸ナトリウムです。ポリリン酸には歯の表面についた汚れを吸収して、はがしやすくする効果が期待できます。

また、人体にももともと微量に存在している物質なので、安全性も証明されています。クリニックで使う過酸化水素水や過酸化尿素は、漂白効果も高いかわりに歯や神経に対する刺激も強く、使い方を間違えると歯質が脆くなるリスクもあります。

その点、ポリリン酸は漂白するというよりも本来の色に戻すという意味合いが濃いです。またポリリン酸の中には、分子の長さによって長鎖ポリリン酸と中鎖ポリリン酸、短鎖ポリリン酸の3種類があります。

その中でも汚れ落としの効果がより強いとされるのが、短鎖ポリリン酸です。
商品を手に取ったら成分表を見て確認し、もし短鎖ポリリン酸とあれば迷わず選びましょう。

その他にも、汚れのつきにくい歯にするにはハイドロキシアパタイト配合のものが勧められます。エナメル質に似た成分で、表面にできた傷を保護しながら汚れや歯垢の付着を予防します。

また可能であれば、フッ素配合のものであると虫歯の予防効果にも期待が持てます。

保険が使えない高額治療になるホワイトニングですが、歯みがき粉で歯を白くきれいにすることも不可能ではありません。その場合は配合成分について知識を持ち、ホワイトニング効果により期待を持てるものを選んで毎日ケアしていくと、虫歯の予防にもなり一石二鳥ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする