ホワイトニングの種類と特徴

歯を白く美しくしたいと思って、ホワイトニングに興味を持つ人も少なくありません。同じ歯を白くする技術にも、実はいろんな方法で行われ、さらに最新技術を積極的に投入しているクリニックもあります。

ホワイトニングに実績のあるデンタルクリニックでよく使われる施術種類について、紹介したいと思います!

歯のホワイトニング治療は5種類

クリーニング

クリーニングは、歯の表面や根本に付着した歯石や歯垢を取り除いて、きれいにする方法です。
一般の歯科医でも保険適用で行われますが、あくまで歯周病治療の一環となります。

ブリーチング

ブリーチングは、薬剤を使って歯を漂白する技術です。
エナメル質に着色した物質を溶けだし分解させる手法で、本来の色にできるだけ近づけたい場合に取られます。

歯のホワイトニングといえば、主に以上の2種類を指す場合が多いですが、ホワイトニング専門クリニックではさらにこんな最新技術も使っています。

マニキュア

歯のマニキュアは、表面に白い色を塗って目立たなくさせる、爪のマニキュアと同じ原理の施術方法です。

仕上がりの美しさでは定評がありますが、歯の表面に厚みが出たりかみ合わせに影響があるので、一時的に白くする場合に勧められます。

ダイレクトボンディング

マニキュアと手法が少し似ているもので、表面にプラスティック製の塗剤を付けていく、ダイレクトボンディングという方法もあります。
好みの色を選べるのがメリットですが、やはり歯の厚みや大きさが変化するので施術できる歯は限定されるでしょう。

補綴

歯を削って人工剤で補う補綴(ほてつ)もまた、色を選べるなど幅広い選択肢のある反面、治療に手間がかかったり費用が高額になりやすいなどの弱点があります。

どのホワイトニングを選ぶのが正解?

審美歯科で最もよく使うのがブリーチングで、その中でもさらにオフィスホワイトニングとホームホワイトニング、インターナルブリーチの3種類に分けられます。

歯科医院でレーザーなどの機械を使用するオフィスホワイトニングは、医師が直接見て施術する点で安全度が高いといえます。

また、専用のマウスピースを作って自宅で薬剤を使って行うホームホワイトニングは、好きな時に手軽にできる点が忙しい人から需要があります。なおインターナルブリーチは神経のない歯のみに適用されるので、施術事例は少ないです。

歯を白くするためにも、これだけ方法があってどれにすればいいのか迷ってしまいますね。施術コースを選択するには、自分の歯の色と着色した度合い、そしてどこまで白くしたいかを考え、予算と相談しながら決めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする