ホワイトニングに保険は適用されないけど、安くすることは可能!

白くて美しい歯はそれだけで憧れの的!いつまでも美しい口元をキープするには歯のホワイトニングを施す必要があります。しかしホワイトニングについて調べてみると、自費治療の情報ばかりです。保険の範囲内でもできるのでしょうか?

ホワイトニングに保険は効かない

現在の医療の法律では、歯のホワイトニングを保険適用内で行うことはできません。

理由は、治療ではなく審美目的とされているからです。

保険適用でできるものには歯石の除去をするクリーニングがあり、歯周病の治療行為にあたる範囲なら少ない負担でもできるでしょう。ホワイトニングを施してもらうためには、自費で診療代を払わなければなりません。

費用を安く抑えることは可能

ホワイトニングには治療法にいくつか種類があります。内容によっては、少しでも安くできる場合もあります。

歯科医で行うオフィスホワイトニングよりも、自分でケアするホームホワイトニングセルフホワイトニングです。どちらもサロンやクリニックで専用のセットを提供され、自分の手で施術します。

ホームホワイトニングで提供されるのは、自分の歯に合わせた専用のマウスピースと薬剤です。マウスピースは繰り返し使用可能で、家にいて好きな時にできる手軽さがメリットですが、効果が表れるまでに時間がかかります。

一方、セルフホワイトニングは専用の薬剤が提供されて行う方法ですが、低濃度の薬剤を使用するので安全に行えます。ただし、どの程度着色しているか、また自分のもともとの歯の色によっても効果は大きく左右されます。

ホワイトニング用の歯磨きを使うのもアリ

他にも、身近な道具を使うことでさらに費用を抑えられます。その中でももっとも手軽にできるのが、ホワイトニング用の歯磨き粉を使うことです。

いつもの歯磨きで使っている歯磨き粉をホワイトニング用のものに切り替えるだけ、生活の動線でできるのでとても簡単ですね。

金額は普通の歯磨き粉に比べて少し高くはなりますが、自費診療を受けることを考えると、経済的負担は十分減らせるでしょう。

さらに、着色した汚れを落とす歯の消しゴムや、逆に白く塗ってしまうペンといったアイテムもあります。いずれも持ち運びに大変便利で、気になったときにさっと使える点が魅力です。

自分に合った歯のケアを

歯のホワイトニングは保険の適用外となってしまい、現状では自費治療のみとなっています。

自分で行う方法やその他の道具を使うことで、できるだけお金をかけずに白くする方法もいくつかあります。自分に合った「賢いやり方」で白い歯を手に入れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする