歯の黒ずみの原因と対処法

笑ったときに見える前歯、黄ばんでいたり黒ずんでいるとそれだけで印象がガタ落ちになります。歯みがきだけではなかなか落ちない、歯の黒ずみは思いのほかガンコです。歯の黒ずみを薄くするための方法を、原因ごとの対処法について解説しましょう。

歯の黒ずみには大きくわけて3つの要因あり

最も多いのが、虫歯によるもの

虫歯は初期の段階では表面が薄く黒ずんでいる状態ですが、この状態でしっかり治療しておけば深く削らないですむ場合もあります。しかしそのまま放置しエナメル質よりも奥まで進行してしまうと、リンやミネラル分が抜けた部分がだんだん黒く変色していきます。

そうなると、すぐに治療が必要になります。虫歯は放置するほど症状が進み、自然治癒はしません。

黒ずみ部分の面積が大きくなってしまう前に、できるだけ早めの治療を施しましょう。また神経を抜くくらい進行した歯は、水分を失って変色してしまいます。
この場合は白い詰め物をする方法がとられます。

なお虫歯の原因の1つ、歯石が原因による歯色の変化もあるので、クリーニングなどでしっかり取り除いておくと予防にもなります。

2番目に大きな原因は、飲料やたばこなどによる着色

喫煙者の多くはタバコのヤニによる特有の歯の汚れがありますが、非喫煙者でも食べ物や飲み物による着色汚れが付着する場合があります。主なものはコーヒーや紅茶などの茶渋、赤ワインなどの飲料、食品ではチョコレートやぶどう、着色香料の多いエスニック料理などが挙げられます。

軽い汚れであれば歯科医でのクリーニングや歯石除去などで薄くできますが、歯磨き粉をホワイトニング効果の強いものに変えるとより効果が期待できます。

タバコのヤニのように、粘着性のある汚れの場合は歯科医のクリーニングでないと取れにくいです。

詰め物が原因になっている場合も

歯の詰め物が経年劣化すると金属イオンが溶けだしてしまったり、また白い詰め物では食物の着色などが蓄積されて黄ばんできます。

金属が溶けだしてしまったら、その歯は削る以外方法がありません。黒くなった部分を白いもので覆うなど、また劣化の少ないセラミック素材のものに変えるなどの対処法が取られます。

歯が黒ずんだり黄ばんでしまうには、虫歯、タバコや飲食物、そして詰め物によるものがありました。いずれもお口の中の環境に関わりますので、きちんと対処して清潔な状態に保ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする